コロナショックは千載一遇の好機! ウィズコロナ・アフターコロナ時代を懸命に生きよう

コロナショックは千載一遇の好機! ウィズコロナ・アフターコロナ時代を懸命に生きよう

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、
日本全国に緊急事態宣言が出され、
コロナショックは今なお
日本経済に甚大な影響を与え続けています。
まさに、生きるか死ぬかの問題ですが、
これまでのヒエラルキーが崩れる千載一遇の好機と
捉えることもできるでしょう。

 

ネガティブなニュースばかりが流れる今だからこそ、
私は声を上げたい。
「がんばろう! しっかりと足もとを観て、
将来の可能性を考えよう! 」

小さい企業だけが厳しいのではありません。
コロナショックによって
ダメージを受けている私たちですが、

実は豊富な経営資源を持っている企業たちも、
ダメージは大きいのです。
(前提として業種、業態によって
ダメージの受け方の差は大きいですが)

 

コロナショックによる一連の混乱は、
見方を変えれば
ビジネスモデルを変革したり、
社会システムを変革する大きなチャンス
また、様々な歪みや課題のある経営にとっては、
歪みを取り除く格好のチャンス。

 

一旦ダウンサイジングしても、しがらみを無視して、
ガラクタを放り投げられる。
パンデミックのどさくさに紛れて、
対外的に恥ずかしくないから。 

閉塞感のある日本にも、
チャンスが巡ってくる可能性がある。
コロナショックによって
一気に社会構造の再構築が進むから。
経営のやり方、ルールブックが大きく変わる。

 

Web会議の普及によって、
わざわざ出向かなくても
良いことがわかってしまった。
スピーディーに、頻度よく気軽に、
負荷なく合意形成を繰り返すことができる。
リモートワークによって働き方は変わり、
オフィスのあり方も変化する。

 

地方と都会の役割が変化してくる。
仕事は、遠隔でもできる。
オフィスに縛ることは無意味で、
逆に分散が良いとわかってしまった。
そして、一方では自動化も進んでいる。

 

多くの勝ち組、投資家やインフルエンサーたちも
淘汰の淵に立たされている。
聞いたことのあるビックネーム企業が、
今、存続の淵に立たされている。

 

鉄板と思えた既存ポジションが、瓦解の境目。
このようなカオスの後には、
新しい世界や秩序が芽生える。
そして、新たに生まれ変わる世界では、
誰もが上位のポジションに
駆け上がるチャンスが巡る。
下克上の時代が来る!

 

奮起しよう。
ベンチャー、弱者、若者たちよ!
コロナショックを好機と捉え、
ウィズコロナ・アフターコロナ時代を
懸命に生きよう。

 

Business photo created by ArthurHidden - www.freepik.com